新規就農者向けの比較サイト

就農に関心を持つ若い方が増えています

新規就農を応援してくれる自治体はたくさんあります。若い方が都会の企業に就職先を探して勤めるのではなく、地方にある広大な敷地で農業を行うことを行政などがサポートしてくれるということです。若い方が都会ではなく、田舎に関心を持つことを奨励しています。

日本は農業で生活の基盤を支えてきたという歴史があります。昨今のテクノロジーを利用し、生産性を高め利益をしっかり出していく農業に興味を持つ方が増え、農業セミナーなどには毎回若い方が殺到しているということです。

また、インターネットでも新規就農に関する情報サイトが多数アップされています。地方自治体のサポートレベルを比較するサイトや、口コミ情報サイトなどもあります。実際に新規就農を始めた方の感想などを読むことができるサイトもありますので、ぜひご閲覧ください。農業の面白さに目覚めるこれからの社会人の方がひとりでも増えれば、日本の底力になるでしょう。

農家のおしごとナビ

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

新規就農を行う際には、農家で働き、経験を積んでおきたいと考える場合があります。そこで、農家のおしごとナビを利用して、求人情報を探し出す方法が役立ちます。条件を選択して求人情報を探し出せるので、簡単に比較を行えます。

選択できる条件としては、地域や社宅の有無、募集対象などが存在します。新着求人情報や注目求人情報なども用意されており、写真と地域情報、雇用条件などが一覧表示されています。そのため、イメージをつかみながら、比較検討を進めていくことができます。

農家のおしごとナビの場合、求人情報とともに、農業イベントに関する情報も利用することが可能です。地方で新規就農したい場合に、イベントを介して地域の状況や求人情報などを確認できるので、利用価値が高くなっています。

全国新規就農相談センター

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★

新規就農を円滑に進めていくためには、イベントなどの情報をしっかりと収集しておくことが求められます。そこで、就農者をサポートする専門サイトとなっている全国新規就農相談センターを利用する方法が役立ちます。

全国新規就農相談センターの場合、セミナーや相談会、フェアなどのイベント情報を一覧で掲載しています。新着情報や都道府県別にイベント情報を表示できるため、自分が必要としている情報を簡単に比較検討することが可能です。

さらに、より簡単に就農することができるように、相談窓口や就農体験情報の掲載、農地検索などのサービスも提供しています。そのため、不足している情報を収集したり、農地探しを行いたい場合にも高い効果を発揮します。

NPO法人農業支援センター

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★★★

NPO法人農業支援センターは若い方の新規就農を全力でサポートしてくれる機関です。地方自治体の協力もあり、農業に関心を持たれた若い方が参入しやすいようなシステムを構築、サポートしてくれます。ぜひご利用ください。

日本の農業が活性化すれば、国力が強化され、日本社会の基盤も強固になります。また、日本産の農作物は他国のものに比較し良質であることが世界に認められています。米なども、中国のものに比較して10倍近い価格でも、購入される中国の方はたくさんいます。

また、昨今は有機農法の野菜などにこだわりをもち、積極的に利用されている個人レストランも増えていきました。都内の有名店などでも、海外製の安価な野菜よりも、多少値段は張っても国内のものを利用したいと望まれているお店はたくさんあります。若い方で新規就農を目指す方にとっては追い風といえるえしょう。

最強の脱サラ新規就農|小さな農家が有機農業で収入(年収)を倍増する方法

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★

新規就農をサポートする動きが、日本全国に広がっています。最強の脱サラ新規就農|小さな農家が有機農業で収入(年収)を倍増する方法という触れ込みで、サイトを運営している機関があります。まずは公式サイトをご閲覧ください。

若い方が農業に関心をお持ちになることが増えてきましたが、具体的に何から初めてよいかわからず戸惑っているという方も少なくありません。そして、いかにすれば利益を出すことができるかというノウハウは、なかなか素人の方ではつかみにくいです。

しかし、こちらのサイトをご閲覧いただければ、お金を稼ぐ農業、田舎暮らしや有機農業でもビジネスとして成立する農業形態をサポートしてくれる機関があることがわかるでしょう。ご不明な点は得慮なく、サイトを通じてスタッフまでお問い合わせください。

ほんものの食べものくらぶ

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★★

新規就農を行いたい場合には、就農に必要な専門知識などを事前に得ておくことが必要です。そこで、新規就農に必要な情報を専門的に取り扱っているサイトのほんものの食べものくらぶを利用することが可能となっています。

ほんものの食べものくらぶでは、基礎知識や有機農業の技術、体験談などの情報の閲覧を行えます。基礎知識では、就農時に行っておくべき事前準備などが紹介されています。そのため、どのような手順で就農すればよいのかを理解できます。

また、有機農業の技術は、土の物理性や化学性などに着目した基本を理解するために役立ちます。体験談では、各都道府県の新規就農者の体験が公開されており、どのような形で就農するのかを決めるために活用していけます。

茨城県農林振興公社

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

茨城県で新規就農をしたいと考えている場合には、茨城県農林振興公社のホームページを利用することができます。茨城県で新規就農を行うための情報が大量に掲載されており、情報収集をする際に高い利用価値があります。

イベント情報の一覧が公開されているので、就農セミナーや相談会などへ気軽に参加を行えます。イベント名や開催場所、予約の有無などの情報が比較できるため、都合の良いイベントを簡単に探し出すことが可能となっています。

また、茨城県農林振興公社のホームページでは、茨城県の新規就農事例のコンテンツも用意されています。複数の事例が確認でき、就農時期や就農形態、就農地などで比較することが可能です。そのため、希望する地域にあった事例を参考にしたい場合に、高い効果を発揮します。

新規就農者に対する応援制度の活用を

今、日本の国全体の問題として、少子高齢化と言うことがあります。
そのことも要因になっているのか、農業を職業とする人が極端に少なくなっています。 現場で働く人は、高齢者ばかりで、その跡継ぎがいない農家がほとんどと言う状況になっているのが現実です。 今の状態が続くことになれば、日本の農業も壊滅状態になってしまう恐れも出て来ています。 そのため今、国では新規就農者へ対し、応援を始めています。 例えば、就農する前に研修をする人に対する支援を始めました。
2年間の研修期間の所得を確保するために一人150万円の給付があります。
更に、独立・自営で農業を始める人には、青年等就農計画制度と言うものがあり、市町村が認定する制度もあります。 また、無利子制度などもあり、新しく農業に就く人に対し、国や地方自治体を挙げて応援体制となっています。


新規就農では独立して農業をすることを希望

日本では、かつては多くの人が農業に従事していました。
江戸時代などは、米で税金を払っていたとされています。つまりは年貢です。現代になって徐々に工業化が進み、農業から工場などで仕事をする人が増えます。
さらに最近は、一般的な会社などで仕事をする人が増えています。農業を行う人は徐々に減ってきました。でも、農業に興味を持っている人はいます。親などが農業を行っていれば、それをそのまま引き継げば農業ができます。
しかし、農業を行っていなければ新たに行う必要があります。
その時には、新規就農の形で農業を行うことができます。いくつかの方法がありますが、自分で独立をして農業をすることができます。農地を購入したり借りたりして、自分の判断で物を作ったり収穫したり販売したりをします。独立して行えるので、やりがいはあるでしょう。


新規就農の基本的な知識と考え方

新規就農を希望する人が増えているということですが、実際に始める場合には準備が非常に重要になります。最初に都道府県などの近いところで農業研修を受けて、基本的な知識や作業を覚えます。農業もビジネスですので、消費者の近くにいたほうが効率的です。それで大都市などの周辺で農業を始める人が多いようです。
営農計画を作り、その後農地を探します。計画はできるだけ明確に希望的な観測がないように具体性を高めて作るほど安心して進められます。そして、レンタルや購入などで農機具を用意します。インターネットなどでも見つけられますが、運搬費用を考えると近場で探した方が良いかもしれません。そのほか重要な点では資金の確保です。
これはできるだけ余裕を持って用意をしておく必要があります。すぐに現金が入るような仕事ではないからです。そして、知らないことが多いので、相談できるところをできるだけ多く確保しておくということも重要です。軌道に乗るまでアドバイスを受けながら進めるからです。